イギリス 賭け

  • MYUQ

LANケーブルのカテゴリーとは?カテゴリーの一覧や見分け方などをわかりやすく解説

LANケーブルのカテゴリーとは?カテゴリーの一覧や見分け方などをわかりやすく解説 LANケーブルのカテゴリーとは?カテゴリーの一覧や見分け方などをわかりやすく解説

LANケーブルはパソコンやゲーム機などを有線接続したい場合に必要な機器です。無線接続に比べると有線接続は通信速度が安定しやすいメリットがあります。

ただし、LANケーブルにはカテゴリーがあり、カテゴリーごとに最大通信速度や特徴が異なります。そのため、LANケーブルを選ぶ時はカテゴリーを知っておくと良いです。

この記事では、LANケーブルのカテゴリーの一覧や見分け方、選ぶ時のポイントなどをわかりやすく解説します。

LANケーブルのカテゴリーとは?

LANケーブルのカテゴリーとは、LANケーブルごとの通信速度や周波数を分類する規格です。数字とアルファベットの組み合わせで、数字が大きいほどカテゴリーが高いことを表しています。

基本的に、カテゴリーが高いほど最大通信速度が速いことになります。

LANケーブルのカテゴリーの一覧

LANケーブルのカテゴリーごとの最大通信速度は以下の通りです。

最大通信速度 伝送帯域
カテゴリー5 100Mbps 100MHz
カテゴリー5e 1Gbps
カテゴリー6 250MHz
カテゴリー6A 10Gbps 500MHz
カテゴリー7 600MHz
カテゴリー7A 1000MHz
カテゴリー8 40Gbps 2000MHz

カテゴリーごとに最大通信速度は異なり、カテゴリーが低いと通信速度が低下する可能性があります。

また、カテゴリー7以上のLANケーブルは主に工場やオフィスなどの業務用で使用される機器です。

業務で使用するための特殊な処理が施されているので、自宅でネットを楽しむなら、カテゴリー6やカテゴリー6Aなどがおススメです。

LANケーブルの種類

LANケーブルはルーターとパソコン、ゲーム機などを有線でつなぎ、インターネット回線に接続する機器です。

大まかに分類すると非シールドのUTPケーブルと、シールドで保護されているSTPケーブルの2種類があります。

UTPケーブル

UTPケーブルとは、シールド加工されていないLANケーブルのことです。LANケーブルとして一般的に販売されている多くの商品がUTPケーブルに該当します。

シールド加工とは外部ノイズを遮断するための処理で、ネット接続時にノイズの影響を受けにくい仕様です。

UTPケーブルはシールド加工がされていないため、STPケーブルに比べて安価な傾向があります。

STPケーブル

STPケーブルとはシールド加工されているLANケーブルのことです。商品によってはSTPLANケーブルとも呼びます。

シールドで保護されているため電磁波や外部ノイズに強く、安定した通信が可能です。

ただし、外部ノイズによってシールドに溜まった電気はさらなるノイズの発生源になるので、STPケーブルを使用する場合はネットワーク機器にアース処理を行います。

UTPケーブルに比べて高額な傾向があり、ネットワーク機器にアース処理が必要なので、自宅でネットを利用したい方はUTPケーブルがおススメです。

コンセントさすだけ おうちのWi-Fi WiMAX +5G 5Gは一部エリアで提供 詳しくはこちら

UQ WiMAXをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

LANケーブルのカテゴリーの見分け方

LANケーブルのカテゴリーの見分け方は2種類あり、商品によって異なります。基本的にケーブルに情報が印字されているので、まずはケーブルを確認してみましょう。

LANケーブルに印字されたカテゴリー名を確認する

商品によってはLANケーブルにカテゴリー名が印字されている場合があります。次の表は、カテゴリー名の表記例をまとめたものです。

カテゴリー表記例
カテゴリー5 CAT.5
カテゴリー5e CAT.5e
カテゴリー6 CAT.6
カテゴリー6A CAT.6A
カテゴリー7 CAT.7
カテゴリー7A CAT.7A
カテゴリー8 カテゴリー8

商品によってカテゴリー表記が異なる場合がありますが、基本的にカテゴリーは数字とアルファベットの組み合わせなので、まずはケーブルに印字された情報を確認しましょう。

LANケーブルに印字されたLANケーブルの配線規格名を確認する

商品によってはカテゴリー名が印字されていない場合があります。カテゴリー名が印字されていなくても、LANケーブルの配線規格名が印字されている可能性はあるので、確認しましょう。

次の表は、ケーブルの配線規格名をまとめたものです。

ケーブルの配線規格名
カテゴリー5 ANSI/TIA/EIA-568-B.1
カテゴリー5e ANSI/TIA/EIA-568-B.2
カテゴリー6 ANSI/TIA/EIA-568-B.2-1
カテゴリー6A ANSI/TIA-568-B.2-10
カテゴリー7 ISO/IEC 11801
カテゴリー7A
カテゴリー8 ANSI/TIA-568.C-2-1

なお、上記の配線規格名は将来的に変わる可能性があるので注意しましょう。

LANケーブルのカテゴリーの選び方

LANケーブルのカテゴリーの選び方は以下の通りです。

インターネット回線サービスの通信速度に合わせる

LANケーブルはカテゴリーごとに最大通信速度が異なり、カテゴリーが低いとインターネット回線サービスの通信速度が低下する可能性があります。

例えば、最大通信速度が1Gbpsの光回線サービスに加入していても、カテゴリー5のLANケーブルを使用していると、最大通信速度は100Mbps以下に抑えられ、光回線サービスならではな高速通信が体験できません。

一方で、LANケーブルには上位互換性があるので、カテゴリー5e対応機器にカテゴリー6のLANケーブルを使用することは可能です。

LANケーブルを選ぶ時は、インターネット回線サービスの通信速度に合ったカテゴリーを選びましょう。

形状で選ぶ

LANケーブルはカテゴリーや種類のほかに、幾つか形状があります。次の表は、LANケーブルの形状をまとめたものです。

形状 特徴
スタンダードタイプ
  • 丸形の一般的な形をしたLANケーブル
  • 厚みがあるためノイズの影響を受けにくい
フラットタイプ
  • 厚みが1mmほどの平べったい形をしたLANケーブル
  • カーペットや絨毯の下に隠せるが、ノイズの影響を受けやすい
極細タイプ
  • スタンダードタイプよりも細い形状のLANケーブル
  • 柔らかい素材を使用していることが多く、狭い場所に設置しやすい
2重シールドタイプ
  • ノイズの影響を最も受けにくいタイプのLANケーブル
  • 安定性と高速通信に優れているので、ゲーム機におススメ

形状によって設置のしやすさや使い道が異なるので、設置環境に合った形状のLANケーブルを選びましょう。

目的に合わせて選ぶ

LANケーブルは商品ごとに特徴が異なるため、活躍するシーンも違います。次の表は、商品ごとの特徴と活躍するシーンをまとめたものです。

特徴 活躍するシーン
STPLANケーブル シールド加工されているのでノイズの影響を受けにくい インターネット接続や無線通信などが混線しやすいシーン
PoE対応LANケーブル LANケーブル1本でネットワーク機器に電力供給が可能 PoE給電とPoE対応が可能な機器を使用するシーン
クロスLANケーブル 同種の機器同士を接続できる 2台のパソコンを直接接続したいシーン
巻取りLANケーブル LANケーブルを巻き取ることが可能 LANケーブル持ち運びたいシーン
屋外用LANケーブル 対候性が高く、劣化しにくい 自宅から離れへの配線や屋外にLANケーブルを配線するシーン
産業用LANケーブル 耐震動性や抵抗値の安定などに優れている 稼働部分のある機器に使用するシーン

商品によって特徴や活躍するシーンが異なるので、目的に合ったLANケーブルを探してみましょう。

UQ WiMAXのルーターはLANケーブルと接続できる!

LANケーブルにはカテゴリーがあり、数字が大きいほど最大通信速度が速くなります。

カテゴリーが低いとインターネット回線サービスの通信速度が低下する可能性があるので、LANケーブルを購入する時は注意しましょう。

UQ WiMAXのホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」ではLANポートが2つあるため、パソコンやゲーム機などとLANケーブルで接続できます。

なお、LANケーブルは種類や形状によって特徴が異なるので、設置環境や目的に合った商品を選ぶと良いです。

また、「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」は5G対応のホームルーターで、下り最大速度4.2Gbps※1※2、上り最大速度286Mbps※1※2のWiFi環境でネットを利用できます。

さらに、回線工事が不要なので、賃貸物件で光回線を契約できない方やすぐにネットを利用したい方にもおススメです。

ルーターとパソコンやゲーム機などをLANケーブルで接続すれば、安定した高速通信が期待できます。

ただし、LANケーブルはカテゴリーによって最大通信速度は異なり、種類や特徴に応じた商品を選ぶと良いでしょう。

オンラインゲームや動画を快適に楽しみたい方は、UQ WiMAXのルーターをご検討ください。

  • ※1 一部エリアで提供。
  • ※2 ベストエフォート型サービスです。実際の通信速度は、お客さまのご利用環境、回線の状況などにより変化します。
  • ※ 5Gは一部エリアで提供です。詳しくは下記ページでご確認ください。
    対応サービスエリア(UQ WiMAX)
    5G SA契約でご利用いただけます。5G SAは一部エリアで提供しています。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13

Speed Wi-Fi HOME 5G L13
WiMAX +5G対応! ホームルーター・モバイルルーター 製品・端末一覧はこちら
  • ※本記事に掲載されている商品またはサービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
  • 「Wi-Fi」はWi-Fi Allianceの登録商標です。

UQ WiMAXをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

WiFi関連記事

WiMAXへの乗り換えガイド モバイルネットは、WiMAXに決まり! あなたの疑問解決します!
おうちのネットはWiMAXに決まり! あなたの疑問解決します!
コンセントさすだけ おうちのWi-Fi WiMAX +5G 5Gは一部エリアで提供 詳しくはこちら
15日間無料でお試し Try WiMAX 条件等詳しくはこちら
期間限定のおトクな情報も満載 キャンペーン・おトク情報